包茎は3つの種類に分けることが出来ます


真性包茎
真性包茎とは包皮口が非常に狭いか亀頭と包皮が癒着を起こしている、もしくはその両方の理由から平常時でも包皮を手でむくことができない状態です。亀頭が常に包皮に覆われているために亀頭の成長が阻害されたままで成長すると、いわゆる先細りのペニスになりやすいです。
このままだと、性交渉に師匠をきたすばかりか日常生活においても問題が生じるようになり、いよいよ治療が不可欠になります。
コンプレックスになるなど精神的・肉体的なリスクがあることに加え、真性包茎の場合、包皮が邪魔をして射精しても子宮に十分量の精子が届かず、不妊の原因となるなど、生殖行動自体への障害となることがあります。
真性包茎は健康保険の対象なので、なるべく早く包茎手術をしたいところです。

カントン包茎
カンントン包茎は先天的に包皮口が狭いため平常時には亀頭をどうにか露出させることができるのですが、無理に包皮を翻転させて亀頭を露出させてしまうとその皮がペニスを締め付けることとなり、その結果、痛くて元に戻せないということも起こります。
また血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こしやすくなります。
反転した包皮が浮腫状に腫脹したり、うっ血して亀頭が赤紫色に腫れるなど激しい痛みを伴うなどの状態になるといよいよ危険です。放置しておくとその部分で皮膚が炎症を起こして亀裂を生ずることもあり、成長期に合わせてなるべく早い手術が望まれます。
カントン包茎も真性包茎同様保険の対象となります。

仮性包茎
日本人の半分以上が仮性包茎と言われていますが、平常時は包皮が亀頭を覆っていても手でむくと亀頭を露出させることができる、もしくは勃起すると露出するというのが特徴とされています。
ただ、勃起してもほとんど皮を被ったままの重度の包茎もあり、包茎そのものがコンプレックスとなりやすいことから、特に緊急を要する症状がなくても包茎手術に踏み切る男性が増えてきています。
仮性包茎だとしても包皮口が狭い場合は剥くことが難しく、無理に剥いてしまうと腫れて元に戻せなくなるカントン包茎になってしまう危険性がありますので、このような場合はクリニックで治療を受けることをお勧めします。

  • ABCクリニック高松院のご予約はこちらから(TOPページ)

  • 包茎の3つの種類関連コンテンツ

    矯正器具「クランプ」について
    セルフで包茎を治すことを目的とした「矯正グッズ」は、ABCクリニックなどの包茎手術に特化した美容外科 ..... >> 続きを読む

    カントン包茎は危険な症状
    カントン包茎というのは、真性包茎の一種で 嵌頓(かんとん)と書くのですが、その時の通り「はまって( ..... >> 続きを読む
     

    サイトマップ

    体力に自信あります