カントン包茎について詳しく

カントン包茎は危険な症状

カントン包茎というのは、真性包茎の一種で
嵌頓(かんとん)と書くのですが、その時の通り「はまって(嵌)、動かなくなる(頓)」という意味です。

包茎の中でも真性包茎は勃起しても包皮口の絞扼輪が狭く亀頭を露出することが出来ないのですが、中には無理をすれば亀頭を出せないこともないと言う、中途半端な広さの場合があります。
このため、無理をして自分で包皮を剥いたり、激しいスポーツの途中などなど何かの拍子に亀頭が顔を出してしまうことがあります。
ですが、亀頭の付け根はくびれたように一段細くなっているので、勢いで完全に拭いてしまった包皮の絞扼輪はその付け根に「はまって(嵌)、動かなくなる(頓)」のです。この状態をカントン包茎と呼んでいます。
この状態になると、ペニスはまさに首を絞められたような状態になります。わかりやすく言うと、ペニスを輪ゴムで締め付けたようになり、血液やリンパ液の循環が滞り、ほおっておくと亀頭が紫色になってきたりしていよいよ危険な状態になります。医者にも診せずそのままにしておくと壊死してしまうことさえあります。

なので、もしカントン包茎になってしまったら、恥ずかしいとかいう考えから自分の
手で何とかしようと思っているうちに、手遅れになってしまうことがあるので、一刻も早く専門医の診察を受けて処置をしないと取り返しのつかないことになってしまいます。

また、カントン包茎の予備軍、つまり、亀頭が少しは顔を出汁、少し無理をすれば全部剥く事が出来そうだと思ったら自分の手で皮を剥いて、包茎を直そうとは思ってはいけません。何かの拍子にカントン包茎になってしまう可能性があるなら、思い切って専門医の診察を受けて、適切な処置をしましょう。

矯正器具「クランプ」について

セルフで包茎を治すことを目的とした「矯正グッズ」は、ABCクリニックなどの包茎手術に特化した美容外科の存在が一般に知れ渡るようになった今でも、根強い需要があります。
恥かしいので医者に行くのもためらう心理は、今も昔も変わららないからでしょう。

包茎矯正パンツや矯正リングと言った定番の一つに、「包茎矯正用クランプ」という、ペンチのような器具があり、包皮の内側から差し込んで、包皮尾w押し広げるためのものですが、単純な構造なこともあり、これも昔から変わらず使われ続けているようです。

真性包茎の為に亀頭と包皮が癒着しないように、なかば強引に引きはがし、包皮口を広げて亀頭が露出するように癖をつける事を目的としていますが、これはとても危険な行為です。
まず、@金属部分が亀頭を傷つける可能性が高いこと、A行為そのものに「強引」で「無理」があること、Bこれによって完治はしないこと。があげられます。

@について、クランプの先端を包皮の内側に差し込み、癒着する亀頭と引きはがしながら押し広げる行為そのものが、そもそも素人が行うべきことではなく、仮に不衛生な条件で金属部分で亀頭を傷つけてしまった場合、その傷は包皮の内側なわけですから、傷口を清潔に保つことがむずかしくなり、そこから感染症をおこしやすくなるリスクは高まります。
Aについて、目的は絞扼輪を「広げて」「亀頭を露出させる」ことですが、クランプを使用して一時的に押し広げてもまた縮まるだけで、広がったまま癖をつけるまでには長時間広げたままにしなければならず、これは可能とは言えません。そして、つい無理をして強引に亀頭を露出させてしまうと、それが「カントン包茎」となる危険性があり、こうなるともはや自分ではどうしようもなくなり大変危険です。
Bについて、クランプを使ってある程度包皮を押し広げることが出来て、あわよくば亀頭を出せるくらいまで出来たとしても、そこまでで、余った包皮をなくすことは出来ないので、クランプは完治を目的とした器具ではないということを念頭に置くべきだと思います。

  • ABCクリニック松院のご予約はこちら(TOPページ)
  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります